2018年05月23日

2018年5月20日 主日礼拝説教「言葉は世界の果てに」須賀 工 牧師

聖書:ローマの信徒への手紙10章14節〜21節

 今朝、私達は、「聖霊降臨日」を記念する礼拝を捧げています。「聖霊降臨日」とは、何でしょうか。「聖霊降臨日」とは、世界で初めて、教会が生まれた日、即ち、教会の誕生日であります。クリスマス、イースターと並んで、教会では、とても大切な記念日の一つであります。
 それでは、そもそも「教会」は、どのようにして誕生したのでしょうか。人間が、会堂建築をしたことによって生まれたのでしょうか。同じ思想をもった人たちが集まったことによって、教会が誕生したのでしょうか。即ち、人間の力や人間の知恵や知識によって、教会が誕生したのでしょうか。
 教会は、人の力や思いで生み出されたものではありません。「教会」は、神様が、弟子たちに、聖霊を与えて下さり、聖霊に満たされた弟子たちが、神様の救いの御言葉を、世界中の言葉で語り始めたことによって誕生したのであります。
 決して、人間の力や思いによって始まったわけではないのです。あくまでも、神様の霊によって、神様の霊に満ちあふれた弟子たちが、神様の救いを世界中の人々に宣べ伝えた。そのことによって、教会が誕生したのであります。つまり、この聖霊降臨日なくして、神様の救いの御言葉が語られることもなく、神様の御言葉が語られることなくして、今の教会もありえなかったということになります。そして、何よりも勿論、私達の信仰が起こされることもなかったのであります。
 「実に、信仰はキリストの言葉を聞くことによって始まる。」このように言われているように、神様の救いの御言葉、キリストの言葉が、まず語られるのです。聞かれるよりもまず、語られる。そのことなくして、教会も、信仰者も生まれることはなかったのであります。
 それでは、私達を信仰へと駆り立てる御言葉とは、どのような言葉なのでしょうか。教会を通して、語られ、宣べ伝えられる言葉とは、どのような言葉なのでしょうか。
 その言葉とは、「キリストについての言葉」ではありません。それは、「キリストの言葉」であります。キリスト御自身の言葉であります。はっきりと言うならば、キリスト御自身が、今、語っている言葉であります。人間が語る言葉ではありません。キリストが語りかけている言葉であります。キリスト御自身が、今ここに生きて、語りかけている言葉であります。牧師の言葉を聞いているのではないのです。キリストの言葉を、私も皆さんと共に聴いているのであります。
 つまり、私達は、ここで、ただ耳を傾けて、キリストについての何かを聞いているわけでも、生きるための豊かな知恵のような言葉を聞いているわけでもないのです。私達は、ここでキリストと出会い、キリストと向き合い、キリストと結ばれて、キリストご自身の言葉を聞いているのであります。信仰とは、ただ、キリストの言葉を耳で聞くだけではなく、キリストとの深い交わりの中で、キリストご自身が語りかけている御言葉に聴くことから始まるのであります。
 では、キリストの語る言葉とは、どのような言葉なのでしょうか。16節の御言葉をお読みします。「しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。イザヤは『主よ、だれがわたしたちから聞いたことを信じましたか』と言っています。」
 パウロは、ここでイザヤ書53章の御言葉を引用しています。イザヤ書53章は、「苦難の僕の歌」と呼ばれています。ここには、救い主の預言が記されています。救い主とは、どのような人なのか。それが、このイザヤ書53章に記されています。
 救い主とは、どのような存在なのでしょうか。人の目に喜ばれるような、理想的な姿・形をしているのでしょうか。それは違います。イザヤ書に記された救い主の姿は、到底、人が受け容れられない姿であります。人々から軽蔑され、人々から痛めつけられ、人々から見捨てられる。力をもった人間ではなく、苦難を背負う御方。そこに救い主の姿がある。そのように、イザヤ書には記されているのであります。だから、信じない人が多かったのだと、イザヤはここで記しているのであります。
 しかし、正に、ここにこそ、主イエス・キリストご自身の姿が記されている。パウロは、そのようここで語るのであります。
 主イエス・キリストは、私達の救い主であります。しかし、その救い主は、私達が望んでいるような輝かしさは、どこにもありません。到底、受け容れられないような貧しさに満ち、輝かしい風格も、好ましい容姿もなく、人々からは軽蔑され、人々に見捨てられた存在であります。
 しかし、その主イエス・キリストこそが、私達の救い主なのであります。なぜでしょうか。その救い主こそ、私達の罪を負い、私達の病を担われたからであります。私達の汚れや痛みを担い、十字架で刺し貫かれたのであります。ここに、私達の救い主の姿があるのであります。ここに私達の救い主の全てがあるのであります。キリストが、今、生きて、私達の前にいて、そのキリストが、今、私達に宣べ伝え、私達が今、キリストによって聞いている言葉とは、このような救い主の言葉なのであります。「あなたのために、わたしは命を捨てるのだ。あなたのために、わたしは痛みを担うのだ。あなたのために、わたしは罪をまとうのだ。この救いを受けてほしい。この救いをあなたの救いとしてほしい。」教会を通して、キリストが生きて語られている言葉とは、このようなキリストご自身の命をかけたところに救いの言葉なのであります。
 このキリストの救いの言葉は、全世界の果てにまで及んでいます。しかし、その言葉は、全ての人に受け容れられないのです。なぜでしょうか。全ての人に言葉は語られている。全ての人が、この救いを聞くことができる。しかし、このキリストの言葉が届かない。なぜでしょうか。
 そもそも「聞く」とは何でしょうか。それは、自分が黙るということです。自分の手や自分の口を止めることです。そして、相手に全てを明け渡すことです。人間は、中々、それができない。自分が聞きたい言葉だけに耳を傾け、自分が納得できないこと、理解できないことには、耳を貸そうともしない。聞いていても、聞いていないのです。
 大事なことは、自分が黙ることです。自分が口を閉じることです。今、目の前に、キリストは生きて、語りかけている。その全てに、自らを明け渡していく。そこでこそ、救いが見えてくる。そこでこそ、キリストの言葉が、この私への言葉として聞こえて来るのではないでしょうか。
 では、主の御言葉を聞き取れなかった人たち。そのような人たちは、そのまま見捨てられていくのでしょうか。それは違います。かつて、神様は、世界中の人々に、キリストの言葉を伝えられました。救いから遠く隔てられた人にも、救いの言葉が伝えられたのであります。
 しかし、それでは終わりません。救いを素直に受け容れられない人に対しても、神様は、日々、手を差し伸べられています。人間が、救いを探し求めるのではなく、捜し求めない人にも、主は、手を伸ばし続け、素直に受け容れられない頑なな人にも、変わることなく、神様は、語り続けてくださる。そして、キリストもまた、そのような人々にも日々語り続けてくださる。その人が一日でも早く、キリストのものとなるように、キリストの救いを受けるように、いつも、教会を通して、語り続けてくださる。その幸いを改めて、ここから深く味わい知る者とされているのであります。どこか遠くで語られる救い主ではない。今、私達の目の前で、あなたのために救いを語り続けておられる。そのキリストに、私達も自らを明け渡し、救いの光に満たされて、共に新たに歩み出すものでありたいと思います。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 17:30| 日記

2018年05月13日

2018年5月20日 礼拝予告

〇教会学校 9時15分〜
主題:「教会の誕生」
聖書:使徒言行録2章1節〜13節
※礼拝後、手話を学ぶ時があります。
※保護者の方も是非、共にお越し下さい。

〇主日礼拝 10時30分〜
主題:「言葉は世界の果てに」須賀 工 牧師
聖書:ローマの信徒への手紙10章14節〜21節
*礼拝後、五分の集い(五分の分かち合い)と信仰の学び(説教の振り返り)を行います。

5月20日はペンテコステ礼拝です。ペンテコステ礼拝は、「聖霊降臨日」とも呼ばれています。弟子たちに聖霊が降り、神様の救いの御言葉を世界中の言葉で語り始めたことによって、教会が始まりました。教会の誕生を祝う礼拝です。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 15:25| 日記

2018年5月13日 主日礼拝説教「信仰を告白する」須賀 工 牧師

聖書:ローマの信徒への手紙10章5節〜13節
 今朝、私達に与えられた御言葉は、ローマの信徒への手紙10章5節〜13節の御言葉であります。5節の御言葉をお読みします。「モーセは、律法による義について、『掟を守る人は掟によって生きる』と記しています。」
 「律法による義」とは、何でしょうか。「律法」とは、「神様の掟」のことです。「義」とは、「神様の御心に適うこと」を意味しています。あるいは、もう少し簡単に申し上げるならば、「救いを得ること」を意味しています。つまり、「神様の掟を守ることによって、救いを得ること」。これが、「律法による義」が意味していることであります。
 もう少し、砕いて申し上げるならば、「律法による義」とは、「自分の力で救いを得ようとすること」でもあります。自分の力に頼りながら、自分の力で神様の掟を守り、何とか救いを得ようとすることです。これが、「律法による義」が意味していることであります。
 しかし、寝ても覚めても、掟を守る人生など、果たして人間に可能なのでしょうか。どのような時にも、掟を守り抜いて生きることなど、果たして人間に可能なのでしょうか。人間は、決して、完璧な存在でありません。弱さもあります。限界もあります。そのような人間が、掟を守り抜き、自分の力で救いを勝ち取ることなど、本当に可能なのでしょうか。
 自分の力で救いを得ること。この難しさをよく知っている人たちがいます。それが、ユダヤ人であります。彼らは、神様の掟に生きようとした人たちでありました。その彼らこそ、神様の救いを、自分の力で、手にすること。その困難さを、よく知っていたはずでありましょう。
 彼らにとって、「救い」とは、天にも上る覚悟がなければ、決して得られないものでありました。彼らにとって、「救い」とは、底なし沼に身を投じるような覚悟がなければ、決して、勝ち取ることのできないものでありました。彼らこそ、神様の救いを、自分の手で勝ち取ることの困難さを、よく理解していたはずでありましょう。
 しかし、そのような彼らに対して、モーセという人は、次のように語ったそうです。「神様の救いは、決して、手の届かないような天や海の果てにあるのではないよ。むしろ、救いの御言葉は、あなたの近くにあるのだよ。」そのように、モーセは、かつて、ユダヤ人達に教えていたと言われています。
 使徒パウロは、このモーセの言葉の内にこそ、主イエス・キリストの存在があるのだと信じたのであります。
 「神様の救い」は、人間の手では、到底、届かないような天の上にあるものではない。その天から、主イエス・キリストが来て下さったではないか。もう既に、主イエス・キリストが、救いを携えて、ここに来て下さったのではないか。そのキリストは、今も、私達の近くにいてくださるのではないか。そのキリストを引き下ろす必要はないのです。もう、既に、キリストは、あなたの近くにいて、あなたに救いをもたらしているではないか。だから、救いを得ようと、もがき苦しむ必要は無い。もう既に、主イエス・キリストが、ここに生きてくださる。救いを携えて、共に生きてくださっている。このキリストと結ばれていくことこそ、救いを得る道ではないか。そのように、パウロは、ここで語っているのであります。
 「神様の救い」を得ようと、底なしの淵に身を投じるような苦しみを味わう必要はないのです。救いを得られないと、もがき苦しむ必要ないのです。あるいは、自分は本当に救われているのかと、苦しむことはないのであります。死の底に下られた、主イエス・キリストは、復活して、今も、あなたの近くにいるのです。あなたのそばに生き、救いを携えて、共に歩んでくださるのであります。
 もう既に、私達の目の前にに生き、もう既に、私達の内に生きておられる主イエス・キリスト。そのキリストと固く結ばれて生きるところに、信仰がある。そして、その信仰によって、神様の救いは、私の救いに変わるのです。救いは、自力で得ようとするものではありません。もう既に、あなたの内に生き、救いの光で照らしてくださる、キリストの招きに応え、そのキリストと結ばれていくところにこそ信仰があり、その信仰によって、神様の救いが、私の救いとして実現しているのであります。
 「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。」
 救いを得るためには、口と心で信仰を告白することが大切であります。ただ、心で信じていれば良いという訳ではないのです。口でしっかりと、信仰を告白することが大事です。信仰が感情だけの問題にならないためです。しかし、ただ、口で言えば良い分けでもない。心がキリストに向いているか。それもまた大切であります。だからこそ、口で告白し、心で信じることは、共に大切なのであります。
 しかし、ここにも、大きな問題が生じます。即ち、それではまるで、この私が信仰を告白することが救いの条件なのかと思わずにはいられないからです。そうであるならば、救いは、やはり、人間の力にならないだろうか。そう思うこともあるかもしれません。
 しかし、先ほども申し上げましたが、私達が、信仰を告白するよりも前に、もう既に、私達の前には、主イエス・キリストが、私の傍らに立っておられるのであります。信仰を告白したから、キリストが、私のところに来て下さるのではないのです。既に、キリストが、私達の前にいてくださる。私達を見つめていてくださる。私達を救いの光の中に入れてくださる。その深い恵みと導きと、そして支えによって、初めて、信仰を告白する者へと、私達は変えられていくのではないでしょうか。救いは、私達からではなく、キリストが共にいてくださるところから始まるのです。
 大事なことは、律法を持っているとか、律法を持っていないとか、そういうことではありません。ユダヤ人であろうとギリシア人であろうと、もう既に、一人一人の内に、主がのぞんでいてくださる。救いのまなざしを向けていて下さる。その救いの光の中で、私達は、主を呼び求めるものとなるのです。そして、主は、その声を確かに聞き入れて下さるのであります。信仰は、人から始まるのではないのです。キリストが、まず、私達の近くにのぞんでいて下さる。そのところから始まる。その主の大きなまなざしの中でこそ、私達は、イエスを主と告白し、キリストの復活に希望をおくものへと導かれていくのであります。
 「主を信じる者は、だれも失望することがない」。この訳は間違った訳です。本来は、「失望には終わらない」という意味です。失望はあるのです。信仰を持っていても、苦しいことはあるのです。しかし、その苦しみが永遠には続かない。その恵みを知っているのが、キリスト者です。どうして、キリスト者は、その恵みを知っているのでしょうか。救いは、既に、私達の近くにあることを知っているからであります。キリストが、今も、私達の近くにあることを知っているからであります。だから、私達は、苦しみが苦しみのままで終わることがないことを知っている。ここに信仰者の希望があるのです。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 15:17| 日記