2019年10月06日

2019年10月13日 礼拝予告

〇教会学校 9時15分〜
主題:「ダビデの契約」
聖書:サムエル記下7章8節〜17節
※礼拝後、分級が行われます。

〇特別伝道礼拝 10時30分〜
主題:「無視への刑罰」山北宣久牧師(日本キリスト教団出版局理事長)
聖書:ルカによる福音書16章19節〜31節
※礼拝後、ささやかな愛餐会(昼食の交わり)が行われます。会費は無料です。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 08:00| 日記

2019年10月6日 主日礼拝説教「御言葉の種が蒔かれる」須賀 工牧師

聖書:マルコによる福音書4章1節〜20節

 今朝、私達に与えられた御言葉は、マルコによる福音書4章1節から20節の御言葉であります。今朝の説教は、その中から、「種を蒔く人のたとえ」に、特に注目して、語りたいと思います。
 「種を蒔く人の譬え」は、福音書の中でも、特に有名な譬え話の一つではないかと思います。皆様も、一度は、聞いた事のある話であるかもしれません。本当に、よく知られた譬え話の一つであると言えるでありましょう。
 それでは、皆様は、今まで、この御言葉を、どのように聞いてきたでしょうか。聖書によれば、「種」とは、「神様の御言葉」であると言われています。そうであるならば、「種」が蒔かれる土地。それが、「私達のこと」になります。
 恐らく、そのように、聞いてきた人が多いだろうと思います。今朝の説教題から申し上げましても、そのように理解する方が多いだろうと思います。確かに、それは、正しい解釈の一つであります。決して、間違いではありません。
 しかし、もし、その側面だけで、この譬えを理解してしまうとどうなるのでしょうか。恐らく、「自分が『良い土地』にならなければ、実りが得られない」。「一生懸命に努力をして、良い土地・良い心の持ち主にならなければいけない」。そのような理解を生み出していくだろうと思います。
 しかし、それは、本当に正しい理解なのでしょうか。いわゆる律法主義、行為主義という視点で読むことが正しいのでしょうか。場合によっては、「自分は良い土地にはなれない」。そのような諦めを感じてしまう人も出てきてしまうかもしれません。あるいは、「自分は、良い土地だから、クリスチャンになれたのだ」と、自信をもって言える人が何人いるでしょうか。
 確かに、この譬え話に出てくる、土地は、「私達自身」を指しています。しかし、それだけではありません。実は、私達自身を表しているものが、もう一つあるのです。それが、分かってくると、この譬え話の謎が、始めて解けるだろうと思うのであります。
 では、私達自身の姿は、どこに描かれているのでしょうか。断片的ではありますが、聖書の御言葉を読んでみたいと思います。15節の御言葉を一部分だけお読みします。「道端のものとはこういう人たちである」。続けて、16節をお読みします。「石だらけの所に蒔かれるものとは、こういう人たちである。」更に続けて、18節をお読みします。「また、他の人たちは、茨の中に蒔かれるものである。」最後に、20節を読みます。「良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり」。
 これらの御言葉に、違和感を感じないでしょうか。分かり難い表現かもしれません。言い方を少し変えて言い直してみます。「道端に蒔かれた『種』は、こういう人たちである」。「良い土地に蒔かれた『種』とは、御言葉を聞いて受け入れる人たちである」。私達自身は、どこに描かれているのでしょうか。それが「種」なのです。
 「種を蒔く人は、神の言葉を蒔くのである」。このように聖書には記されています。御言葉が「種」として蒔かれるのです。
 しかし、そこで、もう一つのことが起きているのです。何が起きているのでしょうか。御言葉に聴く私達自身が、御言葉と一つになっているということなのです。御言葉に聴き、御言葉と共に生きる私達が、御言葉と共に、それぞれの現実へと蒔かれていくのだ、という話なのであります。
 つまり、この譬え話は、御言葉を聞くとか聞かないとか、そういう話ではないのです。御言葉が蒔かれた。しかし、私達の心が道端のようだったから御言葉を得ることができなかった。そういうことではないのです。良い心を持たなければ、御言葉を得ることはできない。御言葉を得られない人は、実りを得ることができない。そのような話ではないのです。
 私達が、どのような人間であろうと、どのような状況の中にあろうと、もう既に、私達は、御言葉と共に生きている。御言葉に生かされている。その上で、私達が、どの現実を生きるのか。どのような環境に身を置くのか。それが、問われているのであります。悪い心だから、御言葉が得られない、という話ではない。もう既に、御言葉と共に生かされているという恵みのなかで、私達の現実を改めて見つめ直していく。それがここで大事なことなのであります。
 私達が置かれている環境−蒔かれた先−は、決して、豊かな実りを保障するものだけではありません。御言葉に生かされていても、それが育たない環境がある。御言葉に生かされていても、それが、命にならない環境もある。御言葉と共に蒔かれても、それが育たないこともあるかもしれません。
 そして、それは、周りの環境だけの問題ではないだろうと思います。私達自身の問題であるかもしれない。その意味で、私達は、「種」であると共に「土地」なのかもしれません。即ち、私達自身の心の土地が、御言葉の種を枯れさせてしまう。そのようなこともあるだろうと思うのです。そのような現実があることを、まず、聖書は、指し示しているのであります。
 しかし、この譬え話には、もう一つ大切なポイントがあります。それは、この譬え話の主人公が、「種を蒔く人」であるということです。誰が、御言葉の種を蒔くのでしょうか。それが、主イエス・キリスト御自身なのであります。
 そして、実は、当時の農耕は、種を蒔いてから、土を耕すのが普通だと言われています。つまり、神の御言葉に生かされ、この現実へと蒔かれた私達を、主イエス・キリストが、養い、育ててくださる。それだけではない。私達が豊かに実を結び、神様の御心に適ったものとなるために、主御自身が、私達の心を耕してくださるのであります。
 農家の人々が、種を蒔き、育てたものを愛するように、主イエス・キリスト御自身が、御言葉に生かされた私達を愛し抜いてくださる。そして、正に、命を注ぐように、育て、養い、耕してくださる。その幸いが、ここから強く指し示されているのであります。
 主イエス・キリスト御自身が、その実りのために、汚れを担い、汗や涙を流しながら、私達のために、お働きくださるのであります。主イエス・キリストは、私達に御言葉を与え、御言葉と共に生かしてくださり、その恵みの中で、新しい生活へと、私達を蒔いてくださいます。そして、私達の心を、私達の生きる場所を、耕し続け、種を養い、育ててくださるのであります。
 良い土地にならなくても良いのです。御言葉と共に生きる、小さな種で良いのです。良い土地は、主イエス・キリストが、御自身の汗と涙と血によって切り拓いてくださる。そして、私達を神様に喜ばれる存在へと成長させてくださるのであります。
 御言葉が実にならないこともあるかもしれません。しかし、それでも、主イエス・キリストは、私達に御言葉を与え、御言葉と共に生かし、その恵みの中で、私達に新しい日々を備えてくださいます。そして、私達の心を耕し続け、私達を、神様の御心に適った、喜ばれる存在へと養い、測り知ることのできない喜びと希望を約束してくださるのです。その幸いを信じて、新たに、御言葉と共に歩み出したいと思います。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 07:57| 日記