2021年02月22日

牧師日記M「いろんなつながりに感謝」

ハレルヤ!主の御名を賛美します!!(^▽^)/

いやー(^▽^)/ 私には、珍しく、ブログの更新してますねぇ(^▽^)/

いつまで続けられるのか・・・(笑)

さてさて、実は、私、だいぶ「クラブハウス」(SNS)にはまってしまいました( ´艸`)

特に、よく聞くルームは、海外のクリスチャンたちがしている礼拝ルーム!!

韓国、アメリカ、オーストラリアの礼拝をよく聞いています(笑)

ぶっちゃけた話ですが・・・

全然、何言っているかわからないです(´;ω;`)

実は、一回だけ、スピーカーになって、英語でお祈りをしました。

もう、ちゃんと英語を話したの何年振りだろか。

きっと、あれ聞いていた方々も、なんだこの人?って思ったはずですよ(笑)
*もうやりません(爆笑)

だけど、そのルームにいた方々、みんな「アーメン」って言ってくれたんす。「ほんまそれ」って言ってくれたんです(o^―^o)ニコ

それに・・・なんでかはわかりませんが・・・

「神様ありがとう。イエス様ありがとう!!」

そんな気持ちになるだよなぁ(o^―^o)ニコ

私達信仰者は、言葉を越えて、国を越えて、一人の神様を礼拝できるんですねぇ。それは嬉しいことです。

僕たちは、一人ではない。共に、礼拝をささげ、共に祈りを合わせる家族がいるんだなぁ。それは、血のつながりはないけれど、一つの家族なんだなぁ。

「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」(詩編133篇1節)

都に上る歌と言われた詩編です。礼拝に向かって心を備える歌。

人間には、様々な隔たりがあるかもしれません。みんな違うから。

だけど、共に座れる場所がある。それが、主の御前です。違いを受け止めあいながら、ここは一緒だねって言いたいねぇ♪

人間関係が冷え切るような時代だからこそ、目に見えない確かな絆が、神さまを中心に備えられていることを心に留めたいですねぇ。そして、一人でも多くの方々が、この絆の一つになってほしいと祈ります。

DSCN1303.JPG

【一緒に聖書を読みましょ♪】詩編133篇
【お祈りしましょ♪】
 世界の諸教会のために、世界で痛みを負ってい方々のために、世界の伝道と宣教のためにお祈りしましょう、(*^。^*)
posted by 日本基督教団 石山教会 at 12:34| 日記

2021年02月20日

牧師日記L「私より年上の娘」

ハレルヤ!!主の御名を賛美します!!!

今日は、幼稚園の「音楽会」でした(*^。^*)

けれど・・・

残念ながら参加できませんでした(´;ω;`)

コロナ禍の影響を受けて、参加できるのは、一家族一人だけやったんです( ;∀;)

うちには、下に娘がいるため、私は、その娘とお留守番していました(*^。^*)

仕方ないです。こういうご時世ですからねぇ(´;ω;`)ウゥゥ

ということで、やりました!!!!

下の娘とプチ音楽会♪(なぜか、写真がアップロードできない(´;ω;`))

大体、40回ぐらい歌いましたよ!!

「誕生日の歌」( ´艸`)

もうあれですよ、娘、僕の年齢、超えていくほど、歌いましたよ!

そんなほのぼの土曜日でした(^▽^)/

聖書の中で、自分の誕生を嘆いた人がいますね。

そう、ヨブという人です。

この人は、めちゃくちゃ信仰深く、正しい人でした。

だけど、いろんな苦難を経験し、段々、心が変わってきます(´;ω;`)

友人たちは、何とかしたいと思い「お前、なんか悪いことしたんじゃね?悔い改めた方が良いよ」みたいなアドバイスをするんです。

けれど、ヨブさんは「俺、何も悪いことしてねーし」みたいになってしまうんですね。

この友人とヨブさんには、共通点がありますね。

正しい人→いいことある。
悪い人→悪いことある。

ヨブさんの場合は、正しいことをしてきたけれど、悪いことが起きちゃった、ということです。だから、ひねくれたんですね。つまり、いつのまにか、自分が正しい人みたいな錯覚に陥ってしまったのかもしれません。だから、現実とのギャップを受け入れられなかったんだろうなぁ

だけどさ、一番、正しいのって「神様」だよね。

あんなに頑張ったのに、こんなに良いことしたのに・・・自分には何もない。そう思うことがあるかもしれません。私もよくあります(笑)

でもさ、それって、頑張れば、救いが得られる、という話ですよね。頑張れなかった人は、失格みたいなものですよね。そうであるならば、ぼくは失格者だなぁ(´;ω;`)

大事なことは、自分の正しさではなく、神様が一番正しい、ということを知っておくことです。苦難があっても、困難があっても、神様だけが一番正しいと信じる時、神様が、正しい道へと導いてくれると信じられる。神様が、歩くべきを指し示して下さる。必要なものを備えてくださる。そう信じて、歩み続けたら、少しは、心が楽になりますね。(^▽^)/

このヨブさん、最後は、悔い改めます。悔い改めというと、なんか反省を促しているような感じに聞こえますが、「神様のもとに帰る」ことですから、本来は、嬉しいことなんです。

そして、神様は、このヨブさんをしっかりと受け止め、今までよりも、大きな恵みを備えてくださるのです。

苦難の中で、主を呼び、主だけが正しいと知る時、その苦難の先には、思いもよらない恵みが備えられているのです!!!(*^。^*)

さて、音楽会の録画を見ながら、明日に向けて、心の備えでもしますかねカメラ

【一緒に聖書を読みましょ♪】ヨブ記42章1節〜16節
posted by 日本基督教団 石山教会 at 18:16| 日記

2021年2月28日 礼拝予告

〇教会学校 9時15分〜
説教:「神を愛しなさい」
聖書:出エジプト記20章1節〜11節

〇主日礼拝 10時30分〜
説教:「主は働いておられる」須賀舞伝道師
聖書:ヨハネによる福音書5章9節b〜18節

感染予防対策をしたうえで、礼拝をささげています。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 17:11| 日記