2021年02月17日

牧師日記I「ほんまそれ」

ハレルヤ!!主の御名を賛美します!!!

今日は、ちょっと怖い話をします(*- -)

ある夜、家族も寝静まった後・・・

私は、クラブハウスというSNSを使って、幾人かのクリスチャンと会話をしていました・・・

私が、信仰的な話をしていると・・・後ろから声が!!!

誰も触っていないタブレットから、Siriの声が突然!!!!

Siriはなんと言ったかって?

「それは正しいことですね」

めちゃくちゃゾッとしましたが・・・( ノД`)シクシク…

Siriに「アーメン」て言ってもらったということにしましょう。うん、そういうことだ!そういうことだよね!そういうこと・・・・だよね?

因みに、新約聖書の最後の言葉には「アーメン」という言葉が出て参ります。

「以上すべてを証しする方が、言われる。『然り、わたしはすぐに来る。』アーメン、主イエスよ、来てください。主イエスの恵みが、すべての者と共にあるように。」(ヨハネの黙示録22章20節〜21節)

アーメンというのは、「真実です」とか、「いうてるとおりやわ!」とか「ほんまそれ!」とか、同意することです。「イエスさまのゆうてるとおりやわ!」という感じでしょうか( ´艸`)

ちなみに、黙示録は、「世の終わり」についてのお話です。

世の終わりの前には、色々、厳しいこと、恐ろしいことが起きるようです。

け・れ・ど!!

それが、世の終わりではありません。

世の終わりは、主イエス・キリストが、来てくださることで実現します。

つまり、世の終わりは、イエス様との再会の時!!決して、恐い日ではありません!!

私達の罪のために、身代わりとなって裁かれたお方が、また、この世界に来てくださるのです!!

だから、世の終わりは、積極的に待ち望み、そこに向かって生きることが大切なんですね!

だって、大好きなイエス様に会いたいでしょ早く。「会いたかった〜♪イエスに〜♪」でしょ?( ´艸`)

今、この時代、世界が終わったとか、もうしんどくて終わりだとか、いろんなこと感じちゃうよね
(´;ω;`)ウゥゥ

けれどね、苦しいことも、悲しいことも「永遠」ではないですからねぇ。
(^▽^)/

苦しいことも、悲しいことも、神様の栄光を前に、勝利はできません!!最後の最後には、神が、イエス様が勝利する。

ということは、もうすでに、私達は、主の勝利の中にいる!そう信じても良いのです。

だから、自分が頑張って苦難を乗り越えて行こう!という考えも大事だけれど・・・・

自分で考えることを少しやめて、全ての苦難に勝利しておられる主や主の御言葉に委ねることも大切ね(^▽^)/

それを少しでも心に留められたら、少しでも心が楽になるかなぁ。なってほしいです!!

この時代、様々な痛みを負いながら生きている皆さんを覚えて祈っていますね。私とSiriに話しかけた誰かと共に・・・( ´艸`)

【一緒に聖書を読みましょ♪】ヨハネの黙示録22章6節〜21節
posted by 日本基督教団 石山教会 at 15:55| 日記