2021年06月18日

牧師日記㊱「明るい部屋」

ハレルヤ!主の御名を賛美します!!

久しぶりのブログです(´;ω;`)

でも、更新は忘れていませんからね!!( ´艸`)

さて、いよいよ、「牧師館の建替」が近づいてきました('◇')ゞ

そのために、絶賛「事務室の荷物総移動」中です(o^―^o)ニコ

毎日、朝・昼・夕の三回に分けて、それぞれ30分かけて整理しています…


荷物をまとめ、別の部屋に移しながら、改めて気づかされたこと

「荷物多いな!」
「この小さな部屋にどれだけ物を詰め込んだんや!」

徐々に物がなくなった部屋を見て、改めて気づかされたこと

「部屋明るっ!」
「必要なものは、そんなに多くないぁ」

こんな感じです( ´艸`)

私達は、沢山のものを持つことで、安心を得ようとするかもしれません・・・

けれど、安心しきれてないからこそ、物が増えているのではないでしょうか?

不安を払拭するために物を置く→不安のまま→不安を払拭するためにまた物を置く

こういう感じですね(´;ω;`)

本当に、私達の心を平安に保つものは、実は、沢山の物の中にはないのかも・・・

本当は、もっと目には見えなくて、決して奪えず、決して失わず、決して朽ちることのないもの・・・

だって、この沢山のものは、いつかはなくなるものでしょ?そこに安心を置いて良いのでしょうかね?

聖書は、明確に、なくてはならぬもの、私達を本当に安心させるものが何であるかを記しています(o^―^o)ニコ

「無くてはならぬものは多くはない。いや、一つだけである」(ルカによる福音書10章42節口語訳)
→これは、イエス様の御言葉を聞くことの大切さを教えていますね(^▽^)/

「人は主の口から出るすべての言葉によって生きる」(申命記8章3節)
→イエス様も、引用していますよね(マタイによる福音書4章)

「あなたの御言葉は、わたしの道の光」(詩編119篇105節)

私達を本当に生かし、私達に真の光を与えるのは・・・

御言葉しかない(⌒∇⌒)

この御言葉は、言うならば「主イエス・キリストご自身」でもあります(ヨハネ1章14節参照)。

だから、キリストしかない!とも言える。

正に、キリストしか勝たんのです(o^―^o)ニコ

勿論、生きていくためには、あれもこれも必要なものはありますよね。

けれど、聖書には、「それらのものはすべて加えて与えられる」「だから、まず、神の国と神の義を求めなさい」という言葉もあります(マタイによる福音書6章25節以下)。

大事なことは、私達の生活を、神様の御支配、御言葉の恵み、キリストの救いで一杯にしておくこと!

どれだけ食べても、太らないから安心ですね(^▽^)/

沢山のものに囲まれた生活をしていても、それには終わりがなく、不安から逃れられない。心の中に闇も抱えてしまう・・・

心の中の整理をしましょ(^▽^)/

本当に必要なものを残せば、意外と心は明るいことに気づかされますよー(⌒∇⌒)

いや、本当に明るくなったんですよ、事務室も( ´艸`)

ただ一つ、決して奪うことが出来ず、朽ちることもなく、いつまでも、私達を生かす、主の御言葉に、満たされた生活を送れますように・・・そして、元気を失っている人が回復しますように。元気な人は、元気を失っている人のために祈ることができますように。主の御名によって祈ります。アーメン虹

unnamed.jpg

ビフォーを知らないからわかりにくかったですね爆笑

【一緒に聖書を読みましょ♪】
ルカによる福音書10章
申命記8章
【共にお祈りしましょ】
心が暗くなっている人のために
キリストを知らない人々のために
posted by 日本基督教団 石山教会 at 14:41| 日記