2019年01月07日

2019年1月6日 主日礼拝説教「救いは近づいている」須賀 工 牧師

聖書:ローマの信徒への手紙13章11節〜14節

 今朝、私達は、2019年、最初の礼拝を迎えています。心を新たにしつつ、共に御言葉に聴いていくものでありたいと思います。
 今朝、私達に与えられました聖書の御言葉は、ローマの信徒への手紙13章11節以下の御言葉であります。この御言葉は、新年の礼拝に親しんで読まれる箇所であると言われています。
 聖書には、私達の考え方とは、少し異なった「時間」の概念があります。私たちは、「時間」というものが、繰り返しの「円」のようなものであると考えることがないでしょうか。時計の針が回るように。また、朝と昼と夕の繰り返しのように。更に、月曜日から日曜日があり、また月曜日があるように。春夏秋冬のように。このように、私たちは、時間というものが、どうしても繰り返している一つの円ようなイメージを持つことがあるかもしれません。
 しかし、聖書の時間の考え方は違います。そもそも、「時間」もまた、私達と同様に造られたものであります。そうでありますから、始まりがあり、必ず終わりがあるのです。繰り返しの円というよりは、一直線の線のようなものであると言えるでありましょう。私たちの命が神さまによって造られ、始めと終わりが存在しているように、時間もまた、神様によって造られ、始めと終わりがあるのです。これが、聖書の時間の考え方であります。
 つまり、私たちは、一直線の時の流れの中をまっすぐに歩いているということです。そして、その一歩一歩の先に、「終わり」がある。それがいつ来るかはわかりません。それは、神様のご計画でありますから、勿論、知る由はありません。ただ、その日は、必ず来るのだ。そのことを私たちは知っていますし、また、その日が、必ず来ることを信じているのです。
 そして、それだけではありません。「世の終わり」に何があるのか。そのことも、私たちは、聖書を通して教えられていることであります。世の終わりに何があるでしょうか。それは、「神様の完全な救い」です。
 世は終わります。世は滅んでいきます。しかし、そこで終わるのではなく、神様の徹底的な救いがはじまるのであります。それが「時間の終わり」であり、「世の終わり」でなのであります。
 そして、キリスト者は、キリストによって、この救いへと導かれていく。その約束を受けているのであります。そうでありますから、世界の終わりは、決して絶望ではありません。それは、むしろ、救いの希望であります。
 人生は旅路のようなものであるかもしれません。一歩一歩踏みしめて、年を重ね、歩んでいくものであります。しかし、その歩みは、絶望的な死に向かった歩みではありません。なぜなら、私たちは、希望に向かって一歩を進めているからです。
 時間は直線的です。そして、必ず、神様の救いの時、時間の終わりがやってきます。私たちの一歩は、それに近づく一歩なのです。だから、人生は、日々、希望に向かった歩みの積み重ねのようなものなのです。
 一休禅師はこのような言葉を残しました。「元旦は冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めでたくもなし」。仏教的なシニズムのようなものがここにはあるかもしれません。新しい一年は、見方を変えれば、死に近づく絶望的な一歩なのかもしれません。しかし、私たちは、違うのです。私達の新しい年の一歩は、希望に向かった一歩なのです。神の時、神の救いの支配へと一歩近づいたからなのであります。だから、うれしいのです。だから、喜ばしいのであります。
 時間は一直線です。始めがあり、終わりがあります。そう考えますと、今、この時は、決して戻らない瞬間であるということです。今日と同じ明日はありません。昨日と同じ今日もありません。時間の流れは、一直線に流れていきますから、同じ時間というものは存在しえないのです。そう考えますと、時間というものをもっと大切にしていきたいものであります。神様から与えられた時間。はじめと終わりがある時間。その時間を心から大切に生きていく。希望を持ち、喜びをもって、この時を生きるものでありたい。
 パウロは、言うのです。「主イエス・キリストを身にまといなさい」と。救いの時は、一歩一歩近づいてきます。そこに心を向けて生きるために、私たちは、いつでもキリストと結びついて生きることが大切なのであります。キリストから離れて、世の終わりを待つのではないのです。キリストに堅く結びつき、キリストに希望を置き、キリストの救いに生かされながら、その時を待つ。その時、私たちは、世の終わり、時間の終わりこそが、真の救いの時であるという確信に至ることができるのであります。
 なぜなら、キリストを通してのみ、私達は、永遠の命の希望を頂くからであります。キリストによってのみ、私たちは、死を越え、終わりを超えた、永遠なる世界に心を向けることができるからであります。
 私たちの一歩が、救いに近づく新しい一歩であることを、心から喜び、待ち望むためには、私たちは、いつでも永遠の命の希望に生かされている必要があるのでしょう。この必要は、キリストの下にあって、満たされているのではないでしょうか。だからこそ、私達は、心をキリストと深く結びつけながら、新しい一方を踏み出していきましょう。この世のものに気を取られるのではなく、キリストに思いを向けながら、キリストを着させていただきながら歩みたい。そして、日々、キリストと共に希望をもって歩み続けるものでありたいのです。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 10:58| 日記