2019年08月10日

2019年8月11日 主日礼拝説教「真の安息を得させるために」須賀 工牧師

聖書:マルコによる福音書2章23節〜28節

 今朝、私達に与えられた御言葉は、マルコによる福音書2章23節から28節の御言葉です。23節から24節をお読みします。「ある安息日に、イエスが麦畑を通って行かれると、弟子たちは歩きながら麦の穂を摘み始めた。」
 主イエス・キリストの弟子たちが、麦の穂を摘み始めた。つまり、彼らは、他人の麦畑で穂を摘んで食べた、ということであります。これは、律法によれば許された行為です。申命記23章26節には、次のように記されています。「隣人の麦畑に入るときは、手で穂を摘んでもよいが、その麦畑で鎌を使ってはならない」とあります。
 なぜ、「鎌を使ってはならない」のでしょうか。「鎌を使う」ということは、収穫をすることです。つまり、人の畑の収穫を自分の収穫にすること。これは問題であります。しかし、「手で穂を摘む」ことは許されています。それは、貧しい人、空腹の人を癒すためであります。神様は、このように、イスラエル共同体が、共に生かされることを望んでおられるのではないでしょうか。
 どちらにせよ、弟子達が行った行為は、誤りではない、ということがここから分かります。しかし、それでは、なぜ、弟子達の行為が咎められることになったのでしょうか。24節の御言葉をお読みします。「ファリサイ派の人々がイエスに、『御覧なさい。なぜ、彼らは安息日にしてはならないことをするのか』と言った。」
 ここで問題になったのは、「安息日の違反」なのであります。麦の穂を摘むことが問題ではありません。それを「安息日」に行うことが問題になったのであります。なぜなら、律法に基づく、伝統的な教えによれば、「安息日」に「仕事をすること」「作業をすること」「歩き回ること」が禁じられていたからであります。場合によっては、「石打の刑」に処されることもあったようです。
 ファリサイ派の人々は、「安息日には仕事をしてはいけない」と教えていました。なぜでしょうか。天地創造の時、七日目に、神様が休まれたからであります。そして、聖書もまた、私達人間が、この神様の安息に与り、「いかなる仕事をもしてならない」と教えています。ファリサイ派は、そのことを受けて、「仕事」をしないことこそが、正しい安息日の過ごし方だと教えていたのだろうと思います。
 しかし、「安息日」とは、「仕事をしてはいけない日」なのでしょうか。それが目的なのでしょうか。大事なことは、そのよう表面的な言葉ではなく、本質的な中身なのではないでしょうか。そのことを踏まえた上で、改めて、安息日とは何の日なのか。何の爲に安息日があるのか。そこに注目しなければいけないだろうと思います。
 出エジプト記20章8節から11節をお読みします。「安息日を心に留め、これを聖別せよ。六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである。」
 安息日とは何でしょうか。それは、神様が天地を造り、七日目に休まれたことを覚え、その休みに与るために定められた律法です。しかし、神様は、疲れたから休まれたわけではありません。創世記1章によれば、「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった」と言われています。神様は、疲れたから休まれたのではありません。神様は、この世界を見渡し、それが良いものであることを喜ばれ、その存在の完成を喜び、安息日を祝福されたのであります。つまり、神様は、この世界と人間の存在を喜んでくださったその日を安息日と定めてくださったのであります。
 そして、神様は、この喜びと祝福を、私達に与えるために、この安息日を備えて下さった。生きるために働き続けた体を癒し、この自分が、神様によって祝福された存在、喜ばれた存在であることを、この私の生活が、神様の祝福のもとにあることを確認するための安息日なのです。
 だから、安息日は、仕事をしてはいけない日ではないのです。それが目的ではないのです。安息日は、自分の仕事の手を止めて、神様の祝福を思い起こし、それを再度、喜び味わう日であり、自分は神様のものとされていること、神様の子どもであることを覚えて心癒される日なのであります。それが、安息日の目的なのであります。 
 このように安息日は、神様が、私達を祝福し、恵みを与えてくださることを覚える日です。そうであるならば、この弟子達が行った行為は、むしろ、安息日の目的に適った行為であると言えるかもしれません。
 そのことを裏付ける御言葉が、25節の御言葉であります。25節から26節の御言葉をお読みします。「イエスは言われた。『ダビデが、自分の供の者たちも、食べ物がなくて空腹だったときに何をしたか、一度も読んだことがないのか。アビアタルが大祭司であったとき、ダビデは神の家に入り、祭司のはかにはだれもたべてはならない供えのパンを食べ、一緒にいた者たちにも与えたではないか。』」
 サムエル記上21章に語られたダビデの物語が引用されています。この時、ダビデは、まだ王様ではありませんでした。サウルが王様です。そのサウルに命をねらわれ、命からがら逃げ回っていた時の話であります。空腹を覚え、神の家−幕屋−に入り、供えのパンを食べた。しかし、その供えのパンを盗んだのではなく、祭司から頂いたものでありましょう。また、パンを供え替える日は、安息日とされていましたから、ダビデは、安息日に、神の家にあるパンを食べたということになります。ファリサイ派の理論から言えば、律法違反に当たります。
 ここで大事なことは何でしょうか。それは、神様は、今、目の前で安息を失っている人を分け隔て無く、養って下さるということであります。神様の恵み、平安、安息が、掟の字面を超えて、それを本当に必要としている人に与えられるということであります。神様は、安息日に何をしてはいけないという縛りよりも、人間に本当の意味で安息を与えることを優先してくださる。
 だから、主イエス・キリストは、仰せになるのであります。「安息日は人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない」と。ファリサイ派の人々の理論で言うならば、それは、人から逆に安息を奪い、人を疲れさせる安息日になっているのであります。主イエス・キリストは、神様は、まず何よりも、人を救い、人を平安へと導き、癒される御方なのだということを、ここで強く強調していくのであります。 
 主イエス・キリストは、最後に次のように言われます。「だから、人の子は安息日の主でもある」と。人の子とは、主イエス・キリストのことであります。主イエス・キリストは、御自身を安息日の主であると仰せになります。主イエス・キリストは、ここで御自身が「安息日」を支配し、定めた神御自身であると言っている。
 つまり、安息日は、この主を見上げ、この主のもとで憩う日なのだということであります。この主は、どのような安息を与えてくださるのでしょうか。それは、罪からの解放、死からの解放でありましょう。私達の穢れを清め、神様のものとして、神様の子どもとして、私達を祝福してくださる。そこに、救い主による真の安息がある。その恵みを味わい、何にも縛られることなく、自由に生きることができる。主イエス・キリストは、そのようにお示しになってくださるのであります。
 ファリサイ派の人々は、とても真面目なのです。安息日は仕事をしていけない。自分たちは、一生懸命に、その掟を守り抜いたのです。どうしたら、安息日を守れるのか。どうしたら正しい安息日を過ごせるのか。真面目に考え、自らを問い続けただろうと思います。しかし、問い続ける内に、目が光っていくのです。心がするどくなっていくのです。そして、周りを見続け、人を裁かずにはいられなくなっていく。完璧を目指し、それを実行しているからこそ、周りの弱さや穢れに思いが支配され、いつしか、裁かずにはいられなくなる。完璧を目指す彼らは、本当に安息できるのでしょうか。本当に喜びをもって、生きることができるのでしょうか。
 キリスト者もまた同じであります。真剣に信仰生活を送りたいと思う。真面目に生きたいと思う。そして、自分は真面目にしようと、自分を問い続けながら、周りに目を光らせてしまうことがないだろうか。そこに、本当の安息があるのでしょうか。疲れ切るだけの生活になっていないだろうか。
 主イエス・キリストは、そういう私達の心を、真の安息へと招くためにこそ、この御言葉を示されたのでしょうか。真実に休んでほしい。罪が赦され、穢れが清められ、今、この時を、自由に生きて良い。神様の御手の中で、神様の子どもとして、喜んで生きよい。主イエス・キリストは、真の安息を得させるために、あなたを安息のこの日、礼拝へと招いてくださったのであります。
posted by 日本基督教団 石山教会 at 08:53| 日記